宮崎市にある子宝・ダイエット・アトピー・健康の相談薬局です。

くすりの麗明堂
宮崎県宮崎市 電話0985-72-2368
メインメニュー
くすりの麗明堂

クローズアップ現代「増え続ける不妊治療 当事者の切実な声」

公開日:2018年05月08日 カテゴリー:ブログ, 女性不妊について

 皆さん こんばんは! 不妊相談ひとすじ20年 宮崎市の漢方相談薬局・くすりの麗明堂、一般社団法人認定の子宝カウンセラー 薬剤師の金丸です。

 昨日は、22時からNHKのテレビ番組『クローズアップ現代』で、「増え続ける不妊治療」について放映されました。

 私が子宝相談を始めた25年前は、

「不妊で悩んでいる夫婦は10組に1組」

と言われていましたが、昨日のテレビでは、

「不妊で悩んでいる夫婦は5組に1組」

と書かれていました。

 ますます、深刻で増え続ける不妊治療人口。

現在、日本で42万人の方が不妊治療を受けているそうです。 

 番組では、不妊治療を受ける人の切実な声を紹介されていました。

【クローズアップ現代 増え続ける不妊治療 当事者の切実な声】

【50代 女性】

身体も心も疲弊し会社を退職。

人生の大切なものを諦めました。

【20代 女性】

産みたいけれど お金がかかるから授かれない、

という人もいることを広く知ってほしい。

【40代 女性】

7年間治療を続けましたが、当事者にならなければ理解が得られない。

世間の理解が進むことを切に願います。

【50代 女性】

良い結果が出ず、誰にも言えず、今でも当時のことを思うと涙が出ます。

【保険診療と高度生殖医療について】

番組で出てきたスウェーデンでは、子宮移植で赤ちゃんを授かった方が紹介されていました。

スウェーデンなど北欧の国は、消費税が20%前後と高いのですが、学校などの教育費や医療費は全て無料で、不妊治療もほぼ無料であることからも、不妊治療を受ける方にとっての金銭的負担は日本と比べるとかなり軽いことがわかります。

 今回の放送では、子宮移植で出産したスウェーデンの女性の話と、日本では技術的には十分だが、まだこれから倫理的な話し合いがなされるとのことが中心でしたが、ここまで増えている不妊治療患者さんに広く役に立つ情報としては、もっと体質改善のやり方や、自分でも出来る養生のお話のほうが相応しいのではないかと私はそう感じました。

 子宮移植の技術も素晴らしいと思いますが、もっと多くの方のお役に立つために出来ることを私はこれからも提案していきたいと思っています。

 麗明堂の子宝専用HPは

http://www.reimeido.com/  をクリックしてください。

 私が先月、パソコンから24時間いつでも聞けるインターネットラジオで、人を温かく励ます 春風のような言葉についてお話しています。ぜひ、お聴き下さいね!

http://www.omoraji.com/reimei.shtml  

蒲公英T-1エキスについての詳しい情報は

http://www.shawkeat-1.com/


営業時間 10:00~20:00 不定休
〒880-0212
宮崎県宮崎市佐土原町大字下那珂2711
コープ佐土原内