宮崎市にある子宝・ダイエット・アトピー・健康の相談薬局です。

くすりの麗明堂
宮崎県宮崎市 電話0985-72-2368
メインメニュー
くすりの麗明堂

~30代の方に~ 年齢に合った食べ方を始めましょう!

公開日:2018年05月09日 カテゴリー:ブログ, 健康のお話

 皆さん こんばんは! 不妊相談ひとすじ20年 宮崎市の漢方相談薬局・くすりの麗明堂、一般社団法人認定の子宝カウンセラー 薬剤師の金丸です。

 今日は、勉強会で福岡に来ています。

飛行機での移動中に見た雲が、いつもと違ってとても面白かったので、皆さんにお見せしたいと思いカメラに収めました。

【雲仙普賢岳に笠のように掛かる白い雲】

雲仙岳が恥ずかしくて頭を隠したように見えませんか?

【手前から奥に向けて、波のように押し寄せるような白い雲】

右と左と、こんなにくっきりと違う雲は初めて見ました。

気象的には、前線が通っているのかもしれませんね。

 さて、今日からは、年齢に応じた食べ方を提案されている藤田紘一郎さんの本から30代の食べ方についてお話したいと思います。

30代 ・・・玄米食、魚中心の食事に変えよう

 30代は、そろそろご自身の健康について関心が高まってくる年代でしょう。その背景には、多忙さからくる生活の乱れ、体調の悪化などがあると思います。

 20代の頃の自分とのギャップから健康を意識し始め、さまざまな健康法にチャレンジする方もいるでしょう。「糖質制限食」もその一つかもしれません。

 ですが、30代に「糖質制限食」はまだ必要ありません。無理に続けると疲れやすい体になってしまいます。30代の体は生殖期にあり、糖質を使って稼働する解糖エンジンをメインにエネルギーを生成しているからです。

 何にも全く食べない!という欠食は避けてください。解糖エンジンが十分稼働していますので、食べない状態が続くと、体のどこかに無理がきてしまうのです。

 一日三食、きちんと主食をとりましょう。ただし、血糖値を急上昇させる、白く精製された炭水化物(白米・パン・麺類)の量は控えて下さい。食物繊維が豊富な、玄米などの全粒穀物に変えましょう。食べる量は毎食、茶碗一杯で十分です。

 タンパク質の摂取には、肉よりも魚がおすすめ。肉の食べ過ぎで体内のコレステロール量が多くなると、活性酸素の害を受け、生活習慣病の前段階がつくられやすくなるからです。

肉は、週に1~2回楽しみ程度に食べるといいと思います。

 ≪ 著者  藤田紘一郎さん 東京医科歯科大学名誉教授 ≫

 私も30代の時は、自分の食べる量のコントロールが出来ておらず、デスクワークで動いていないのに、ご飯は茶碗2杯くらい食べていましたので、太ってしまい良くなかったと思っています。

 コンスタントに決めた量を食べる習慣をこの時期に出来た人は、その後の人生において健康度が上がっていくと思います。

 ≪明日は、40代に合った食べ方をお話したいと思います。≫

 麗明堂の子宝専用HPは

http://www.reimeido.com/  をクリックしてください。

 私が先月、パソコンから24時間いつでも聞けるインターネットラジオで、人生は食べあるき・町あるき?についてお話しています。ぜひ、お聴き下さいね!

http://www.omoraji.com/reimei.shtml  

蒲公英T-1エキスについての詳しい情報は

http://www.shawkeat-1.com/


営業時間 10:00~20:00 不定休
〒880-0212
宮崎県宮崎市佐土原町大字下那珂2711
コープ佐土原内